キャッシングをする時の審査とは

キャッシングをしようとする時には審査をしてもらうことになります。その審査とは貸しても良い人であるのか、ということです。これには二つの意味があります。まず、法律的に貸しても問題がない人であるのかどうか、という点です。これが総量規制というものであり、年収の3分の1を超えないように貸す、という決まりがありますから、それを守らないといけないわけです。

もう一つの意味では貸して返済される見込みがキチンとあるのか、ということです。返済能力を超えていないかどうかのチェックを審査という形で行うわけです。この審査の内容は同じでも基準、つまりはハードルが細かく違うことがありますから、注意しましょう。

これが所謂、借りやすい業者とそうでない業者の違いになってきます。ちなみに業者はどんな人にも貸します、審査が緩いです、などの謳い文句はできないようになっていますから、注意しましょう。そうしたところは間違いなく闇金になります。それはさておくとしても重要なのは審査に通るのかどうかです。

自分の収入、そして既に余所からでも借金をしているのかどうか、ということが重要なポイントになりますから、覚えておくと良いでしょう。それが審査の要素になります。

総量規制対象外の商品について

お金の問題でも借金やキャッシングなどのものは色々と専門的な事柄や言葉が多くで、初めての借入をする人はちょっとだけ戸惑ってしまうことがあります。特に初心者がまず聞いたことがない言葉としては総量規制というものがありますが、これは貸金業法の改正が行われた際に借り過ぎによる借金トラブルを防ぐ目的で作られました。主な内容としては年収の1/3以上の貸し付けを原則として禁止するという点と、一定以上の借入の申し込みの際には収入証明の提出が必要となるという点です。

さてこの総量規制という制度は基本的なキャッシングのサービスに適応されるのですが、これにはいくつかの例外があるのでこれを知っておくと、より多くのお金が必要となったときに便利なので簡単に紹介していきたいと思います。まず総量規制対象外となるものには銀行ローンがあります。実は銀行は貸金業に当たらないものなので、そもそも総量規制の範囲外となっているのが特徴であり、それ故に高額のローンを希望している人にはおすすめのサービスとなっています。

また各種の消費者金融でもおまとめローンという目的だと総量規制の対象外となることがあります。金利の面では銀行ローンが圧倒的に有利なのですが、一方で審査の基準の優しさという面では消費者金融のおまとめローンの方がいいので一長一短と言えるでしょう。そのほかにも総量規制対象外となるものには、住宅ローンや自動車ローン、高額医療費や不動産担保などもあるので、覚えておいて損はないと思います。