増額申し込みを失敗しないために

初めてキャッシングを申し込むときには、借りられる限度額は低めに設定されていることが多いです。でも、もっと借りられると便利だなとか、ちょっと大きな買物をしたいというときには、限度額を上げる申し込みをすることもできます。

でも、キャッシングを始めてからすぐに限度額を上げようと思ってもうまくは行きません。なぜなら、借りる側と貸す側の信頼関係が出来ていないからです。きちんと返せるということを貸す側に見せる必要があります。どうやって見せるのかと言うと、地道にコツコツと返済を続けることで信頼を得ることができます。

遠回りのようですが、これが1番の近道です。半年以上延滞をせずに、返済を続けることで信頼されていきます。

たった1度でも、返済が遅れるようなことがあると、信用情報に傷がつくことにもなるので気をつけましょう。

長く利用していることも増額がしやすくなるポイントです。

また、他社でもキャッシングをしている場合は増額をしてもらえないこともあります。他社への返済で延滞などがあるのも、断られる理由になってしまうので気をつけましょう。

他からも借りていない、返済も滞っていないなら限度額が増額になる可能性は高いです。

申し込みは、電話やネットでできるので申し込んで見ましょう。

キャッシングを申し込む前に自己チェックできること

キャッシングを利用する際に必ず受けなければいけないのは審査です。審査はキャッシング会社が申し込んできた本人がきちんと返済能力があるかどうかを判断するためのものです。審査は受けてみないとわからないところもありますが、申し込む前に自己チェックできれば審査に通るかどうかということを無駄に心配する必要はなくなります。では、どんな点を自己チェックできるでしょうか。今日はその点について記したいと思います。

まず、最初にチェックするのは返済計画です。申し込む前にどれだけの毎月返済しなければいけないのか、さらに金利はいくら負担する必要があるのかを確認しておく必要があります。では、どうすればしっかりとしたプランを立てることができるのでしょうか。一番良い方法はキャッシング業者のサイトにある計算シュミレーションを使うことです。現在では大手のキャッシング業者であれば、自社のサイトに返済額を計算できるシュミレーションを用意しています。ぜひ、それを活用することで毎月の負担額をイメージできるのです。

次に自己チェックしたいのは、これまで消費者金融を利用してきた履歴です。もし今まで何度か利用したことがあるならば、その際に支払いが遅れたりしなかったかということを調べておく必要があります。なぜこれはそれほど重要でしょうか。それはキャッシング会社は審査の際に信用情報機関に問い合わせて、申し込んだ本人がこれまで消費者金融を利用してきた履歴をチェックするからです。もし、支払いが遅れたことがあったりすると審査を通過するのがかなり厳しくなります。