利用限度額は年収などの条件により異なります。

カードローンを申し込む際に気になる項目の一つとして、利用限度額がいくらになるかということが挙げられます。こちらから希望額を伝えることができますが、必ずしも希望通りの限度額になるとは限りません。

一般的に年収が多いほど利用限度額を高く設定することが可能ですが、消費者金融からの借り入れは年収の3分の1を超えることはできません。利用限度額が高く設定されるほど、金利は低くなるので利息の支払いが少なくて済みます。

多くのカードローン会社では、利用限度額が50万円を超える場合には収入証明書の提出を求められます。

利用限度額設定の例外として、銀行系カードローンの利用があります。銀行系の場合には、年収の3分の1を超える貸し付けが裁量によって可能です。

主婦がキャッシングを行うための条件とは

日々の生活の中で、急な出費を強いられることはままあります。

手持ちの範囲で賄えればいいのですが、どうしても無理な時は、誰かに借りるしかありません。

お金を借りる方法としては、キャッシングやカードローンが一般的ですが、主婦(特に専業主婦)には利用しにくくなっています。

2010年に貸金業法が改正され、「総量規制」が導入されました。

これにより、年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

そのため、大手の消費者金融では、収入のない人からの申し込みを断るようになってしまったのです。

このように、主婦にとっては非常に厳しい状況なのですが、絶対に借りられないというわけではありません。

「配偶者貸付」という制度を利用するという方法があるのです。

これは、総量規制が導入された後の主婦に対する救済措置と言える物で、「夫婦の年収を合算して、その3分の1までなら借りられる」という制度です。

夫の年収が600万円で、妻が専業主婦という場合なら、200万円まで借りられるということです。

この制度を利用するためには、「合算の対象である二人が夫婦であること」「夫に安定した収入があること(妻が専業主婦の場合)」という条件を満たす必要があります。

これらを証明するための書類として、「妻の本人確認書類」「住民票など、夫婦であることを証明できる書類」「夫の同意書」「源泉徴収票など、夫の収入を証明できる書類」といった物が求められます。

主婦にとっては非常にありがたい制度ですが、実は少数の業者しか実施していません。

通常の貸し付けと比べて、手間がかかる割に利益が少ないからです。

もう一つの方法は、「銀行ローン」を利用するという物です。

貸金業法における総量規制は貸金業者を対象にしているので、銀行は対象外なのです。

とはいえ、銀行ローンも本人に収入がないと借りられない物が多いのですが、夫に安定した収入があれば、専業主婦でも借りられるという物もあります。