カードローンの貸し付ける方式というのは

カードローンはカードを発行してもらうときに審査をしてもらうことになります。収入とか他所からの借り入れ、そしてこれまでの実績なども踏まえてそもそもまずは貸すことができる人であるのか、という審査が行われることになります。そして、それは極度方式貸付ということになります。これはどんなやり方であるのか、といえばその都度の審査はしない、ということになります。設定額を決めて、その範囲内であれば何度でも貸し借りができるようにします。

これによって貸付のスピードが上がりますし、かなり効率性がよくなります。但し、これは永久に有効なのか、といえばそうでもなく、数ヶ月に一回、実は審査をしています。特にいえるのが総量規制に引っかかるようなことをしていないのか、ということです。キャッシング側はそれを調べることができるようになっていますから、そのあたりはかなりしっかりと調べられます。しかし、基本的には一度設定され融資可能限度額というのはそのまま何度でも利用できるように決められています。カードローンのカードをとりあえず持っていることのメリットはここにあります。維持をするコストもかからないので物凄くよい点があるといえるでしょう。