キャッシングができる人とできない人が出てしまう理由と審査のポイント

キャッシングを考えた場合に多くの方が気になるポイントと言えば、自分がお金を借りられるのかどうかになります。せっかく足を運んだのに審査に落ちてしまえば無駄足になりますし、気持ちも落ち込んでしまいます。

なので、キャッシングに踏み切れない方はこの理由で躊躇するケースが最も多くなっています。しかし原則としてキャッシングと言う物は成人していて安定した収入があれば誰でも利用できるようになっています。

また、審査に落ちてしまうのは本人の返済能力がカギになっています。

最近になって多くみられるのが総量規制によって断られてしまうケースになっていて年収の三分の一を超える貸し付けは返済が難しくなると国は判断しています。したがって、総量規制に引っかかる様な複数の消費者金融からキャッシングしている方は審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

そして、ブラックリストに載っている場合もほぼ確実に審査には落ちてしまいます。このブラックリストとは債務整理などで決着した場合などにデータベースに記録され、そのデータベースは多くの消費者金融で共通して使われています。なので、ブラックリストに載ってしまうと他社からのキャッシングも非常に難しくなってしまうとされています。

低所得者もキャッシングの審査に通りたい

キャッシングは基本的に無担保で数万円、十万円、場合によっては数百万円を借りるわけですから、必ず審査があります。

しっかりと働いて、ある程度の所得がある人は、当然審査にも通りやすいのですが、キャッシングを考える人は基本的にお金に困っているわけですから、

何らかの理由で無職や低所得の人たちも審査に通りたいという気持ちがあります。

キャッシングは早期に返済できれば、利息もほとんどかからず、非常に便利なんですね。

(キャッシングの金利は年率で計算されるので、1か月で返済すれば金利も12分の1で済むという計算です。)

クレジットカードの使えない店舗は当然現金が要りますから、そういうときにキャッシングを利用したいんです。

私が思う一番良い解決策は「給付付き税額控除」の導入です。日本は正社員とそれ以外で待遇や年収に大きな開きがありますから、

無職や低所得者の生活を向上させる給付が必要不可欠なのですが、なぜか日本だけこの制度がありません。

年収約100万円以下の人は所得税が全額免除されますが、それだけでは到底暮らせませんので、一定額の給付が必要なんですね。

その給付があれば、臨時で借り入れたキャッシングも返済できるので、審査に通りやすくなるのではないかと思っています。

キャッシング会社も、キャッシングの利用が増える、また利用者の返済目途も立つ、ということで非常に良い制度だと思うのですが、

なかなかこの国では実現しません。ゆとりのあるキャッシング、そして生活を手に入れるためにも、「給付付き税額控除」の早期導入を強く求めていきましょう。

キャッシングをする時の審査とは

キャッシングをしようとする時には審査をしてもらうことになります。その審査とは貸しても良い人であるのか、ということです。これには二つの意味があります。まず、法律的に貸しても問題がない人であるのかどうか、という点です。これが総量規制というものであり、年収の3分の1を超えないように貸す、という決まりがありますから、それを守らないといけないわけです。

もう一つの意味では貸して返済される見込みがキチンとあるのか、ということです。返済能力を超えていないかどうかのチェックを審査という形で行うわけです。この審査の内容は同じでも基準、つまりはハードルが細かく違うことがありますから、注意しましょう。

これが所謂、借りやすい業者とそうでない業者の違いになってきます。ちなみに業者はどんな人にも貸します、審査が緩いです、などの謳い文句はできないようになっていますから、注意しましょう。そうしたところは間違いなく闇金になります。それはさておくとしても重要なのは審査に通るのかどうかです。

自分の収入、そして既に余所からでも借金をしているのかどうか、ということが重要なポイントになりますから、覚えておくと良いでしょう。それが審査の要素になります。

キャッシングの限度額が増額する仕組みは?

キャッシングの利用限度額は審査によって決まります。

もちろん業者によって多少の誤差はあるかと思いますが、基本的にキャッシング業者の場合は年収の3分の1以上の額は貸し出してはいけないこととなっておりますので、あらかじめご自身のキャッシング等の借り入れ状況を知っておくことは重要です。

とは言えこの利用限度額、増額することもあります。

金融機関にとってあなたの信用が増していったとき、良いお客様とされ限度額がアップするのです。

目安としては最初の借り入れから半年から1年くらいで1度も返済を滞ることなく行えば、増額対象となる場合があります。

一定の審査はあるものの、大手の消費者金融でも増額申請を行うことが可能で、ネットから簡単に手続きが出来ます。

対象かも?と思った際には試してみるのも良いでしょう。

反対に利用限度額が減額されてしまうという可能性もあり、返済を滞ってしまったり他社からの借り入れが確認されたという場合は、

限度額が減るもしくは一気にそれ以上を借りられなくなるという可能性もあります。

ご自身の将来にも関わってしまうことがありますので、返済は遅れることなく確実に行うようにしましょう。

増額がなされたという場合は業者にとって信用度がアップした証拠です。自信を持って以後も返済をコツコツと行いましょう。

消費者金融で行われる審査とは?

まず、あなたが消費者金融でお金を借りるには審査が必要になります。
それでは消費者金融で行っている審査と言うものはどのようなものなのでしょうか?

消費者金融でお金を借りるには、最初に審査が必要になりますが、そこで必要になってくるものはあなたの個人情報です。
あなたが消費者金融に個人情報を提出しますと、消費者金融は信用情報機関にあなたの個人情報の問い合わせをし、情報確認をします。

もしあなたが以前に他の消費者金融などからお金を借り、返済事故を起こしている場合は、その情報が残っています。
そのため新たなローンを組むための審査は通るのが難しくなります。

そのため以前からキャッシングをしている人は、普段から返済の遅れなどに気を遣うことが大事になってきます。
そしてあなたの生活に無理のない返済計画を立てることも大切でしょう。

必要な時に支払うお金が無いのは大変なことです。
少しでも安定した生活を送るためにも、消費者金融をあなたの生活にお役立てください。