カードローンの増額申込みは慎重に行わないと失敗しやすい

カードローンの申込みを行なった時に、審査に通りやすくするため、利用希望額を少な目に申告する人が多いです。実際に設定された利用限度額が増やされていれば、後から増額申込みを行なう必要がありません。しかし、現実には少な目の利用限度額のまま一向に増額される気配さえないと、いささか限度額に満足出来ない結果となるでしょう。そこで、カードローンの増額申込みが利用規約によると出来ることを思い出し、実行に移すことになります。カードローンの増額申込みは、いつでも申込み可能としているとは限らず、最後に増額申込みを行なってから半年または1年以上経過しなければ、再度の増額申込みを受け付けていないことが少なくありません。

消費者金融の増額申込みについては、半年以上間隔を空けた上で収入証明書を提出すれば、審査に応じてもらえます。新規に準ずる審査が行われることになるので、必ずしも増額されるとは限らず、契約内容の見直しにより利用限度額が減額されてしまう可能性があることを知った上で手続きする必要があるわけです。銀行カードローンについては、銀行側からの増額案内が無ければ審査通過は消費者金融よりも更に厳しいとされているので、他社を含めた返済状況が良いといった好材料が無ければ厳しいでしょう。