コンビニでカードローンの返済をする場合

カードローンの返済方法は、ATMを利用しての返済が一般的です。特に、コンビニのATMは24時間利用できるため、買い物も兼ねてコンビニで返済する人も多いようです。

コンビニのATM利用のメリットは、手数料がかかることです。少額であっても毎月の返済の度にコンビニを利用していては、利息を支払うのと同じことになってしまいます。

同じコンビニ内でも、ATMではなく、マルチメディア端末を使って返済すると、手数料はかかりません。プロミス、アイフル、モビットでは、ローソンとファミリーマートのマルチメディア端末の返済に対応しています。注意点は、手続きにはローンカードが必要なこと、消費者金融によっては24時間対応ではないことですが、簡単な操作で手数料を節約できるので、積極的に活用したい返済方法です。

カードローンの貸し付ける方式というのは

カードローンはカードを発行してもらうときに審査をしてもらうことになります。収入とか他所からの借り入れ、そしてこれまでの実績なども踏まえてそもそもまずは貸すことができる人であるのか、という審査が行われることになります。そして、それは極度方式貸付ということになります。これはどんなやり方であるのか、といえばその都度の審査はしない、ということになります。設定額を決めて、その範囲内であれば何度でも貸し借りができるようにします。

これによって貸付のスピードが上がりますし、かなり効率性がよくなります。但し、これは永久に有効なのか、といえばそうでもなく、数ヶ月に一回、実は審査をしています。特にいえるのが総量規制に引っかかるようなことをしていないのか、ということです。キャッシング側はそれを調べることができるようになっていますから、そのあたりはかなりしっかりと調べられます。しかし、基本的には一度設定され融資可能限度額というのはそのまま何度でも利用できるように決められています。カードローンのカードをとりあえず持っていることのメリットはここにあります。維持をするコストもかからないので物凄くよい点があるといえるでしょう。

専業主婦でも借りられるカードローン

毎月に家計のやりくりをしている主婦の中には、あと少しお金が足りないという時も少なくないのではないでしょうか。

そういった時には、銀行のカードローンがおすすめです。

パート主婦であれば、消費者金融のキャッシングに申し込むことは可能ですが、収入のない専業主婦の場合、消費者金融では借り入れをすることができませんから、銀行のカードローンに申し込む必要があります。

消費者金融には、収入の3分の1までしか借り入れができないという、総量規制の決まりがあります。

そのため、申し込みをするには、収入があることが条件となります。専業主婦は収入がありませんから、消費者金融からは借り入れができないことになっていまいます。

一方、銀行のカードローンは、総量規制の対象外となるため、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でもお金を借りることができます。

できれば夫や家族に内緒でお金を借りたいという場合でも、インターネットで申し込みが可能ですし、審査に必要な書類は基本的に運転免許証などの本人確認書類だけで、基本的には収入証明書は必要ありませんから、手軽に申し込むことができます。

専業主婦の場合、在籍確認の電話はありませんし、本人確認の電話連絡のみとなっていますから、携帯電話を登録しておけば、家に電話がかかってくることもないので、家族にばれる心配もありません。

借入れ金額に見合った限度額が保証されているカードローンを視野に入れて

各社間でそれ程大きな条件の差が無い様にも感じられるカードローンですが、その限度額ギリギリ近くまで活用しお金を借りたいと考える際、初めてその差を実感出来る様になります。

というのも会社によって利用限度額にかなりの差があるからに他なりません。

具体的に見れば、ある会社は利用限度額が500万円であるのに対し、一部の会社では利用限度額を最大800万円にまで引き上げる事が出来る等、利用限度額の設定の柔軟性に100万円単位の幅が生じているからです。

長い人生の中でも数百万円もの額を借金するという機会はそうそうあるものでは無いでしょうが、いざという時の為にもなるべく利用限度額が大きな会社のカードローン利用を視野に入れ、早目に提携銀行の口座を開設しておく等、対策を取っておくのも悪くはない方法です。

ただキャッシング同様、これらのカードローンでも十分な収入さえきちんと証明出来れば、ごく短時間で審査に通り、早くも翌日には借入れが可能となる手軽さとレスポンスの良さは確保されています。

借金の必要性は滅多にないからこそ、何の前触れも無く突然やってくるもの。その瞬間どうしても慌ててしまうのは仕方ないところですが、冷静になってすぐに行動に移せる機動性の高さこそ、今時のカードローンの持つ最大のメリットとも言えるでしょう。

カードローンの増額申込みは慎重に行わないと失敗しやすい

カードローンの申込みを行なった時に、審査に通りやすくするため、利用希望額を少な目に申告する人が多いです。実際に設定された利用限度額が増やされていれば、後から増額申込みを行なう必要がありません。しかし、現実には少な目の利用限度額のまま一向に増額される気配さえないと、いささか限度額に満足出来ない結果となるでしょう。そこで、カードローンの増額申込みが利用規約によると出来ることを思い出し、実行に移すことになります。カードローンの増額申込みは、いつでも申込み可能としているとは限らず、最後に増額申込みを行なってから半年または1年以上経過しなければ、再度の増額申込みを受け付けていないことが少なくありません。

消費者金融の増額申込みについては、半年以上間隔を空けた上で収入証明書を提出すれば、審査に応じてもらえます。新規に準ずる審査が行われることになるので、必ずしも増額されるとは限らず、契約内容の見直しにより利用限度額が減額されてしまう可能性があることを知った上で手続きする必要があるわけです。銀行カードローンについては、銀行側からの増額案内が無ければ審査通過は消費者金融よりも更に厳しいとされているので、他社を含めた返済状況が良いといった好材料が無ければ厳しいでしょう。

楽天銀行カードローンは何故大人気なのか徹底検証!

楽天銀行カードローン、ちょっと銀行カードローンや消費者金融の知識がある人は人気のカードローンってイメージをお持ちだと思います。楽天銀行カードローンのの人気の秘密は何でしょうか。

楽天銀行カードローンの金利は1.9%?14.5%と幅広く設定されており、限度額が大きくなればなるほど金利がリーズナブルになる仕組みになっています。

一番人気がある200万円以上300万円未満の金利は6.9%?14.5%、100万円以上200万円未満の金利は9.6%?14.5%、上限金利だけを見れば14.5%ですから消費者金融の法定上限金利である15%とそんなに変わりません。

銀行カードローンあるあるで、初回の人は金利設定幅の高い方で設定されますので、金利だけ見ると楽天銀行カードローンの金利は高すぎと評価されます。しかしながら、楽天銀行カードローンの残高は業界2位という大人気のカードローンです。

これらを総合的に判断していくと、楽天銀行カードローンの最大の魅力は審査に通りやすいという事かと思われます。

メガバンクのカードローンの方が優良顧客はよく行くはずなのに、それでも楽天銀行の方が残高が多いという事は、金利を比較的高くする事によりリスクとリターンのトータルバランスを保ちメガバンクよりも審査を通りやすくしているというのが楽天銀行の最大の魅力と言えるでしょう。

カードローンを利用した後はカードは解約すべきか?

カードローンなどを利用するときにカードを作ると思いますが、この作ったカードは利用後はどうしたら良いのでしょうか?2つ選択肢があります。引き続き所有しておく。解約してしまう。という2つの選択肢がありますが、基本的に今後も使う予定があるならば持っていた方が良いでしょう。

使う可能性があるのに、解約してしまうと、いざというときにまたカードを作らないといけないので面倒です。ただ、今後利用する可能性が限りなく少ないという場合はどうでしょうか?これは解約した方が良いのでしょうか?この場合でも、カードを所持していることで、お金がとられるとか、そういうデメリットがあれば解約した方が良いでしょう。

でも、そういう費用は基本的には発生しません。だから、持っているだけでお金がかかるなどのデメリットがないならば、解約する理由もほとんど存在しないことになるはずです。唯一の懸念点とすれば、カードがあると、お金が借りやすい状況にあるので、浪費をしてしまいやすいとか、そういうことがないとは言えません。だから、そういう心配はあるものの、自制ができるような人であれば、あえて持っているカードを解約しないといけない理由はないということになります。