楽天銀行カードローンは何故大人気なのか徹底検証!

楽天銀行カードローン、ちょっと銀行カードローンや消費者金融の知識がある人は人気のカードローンってイメージをお持ちだと思います。楽天銀行カードローンのの人気の秘密は何でしょうか。

楽天銀行カードローンの金利は1.9%?14.5%と幅広く設定されており、限度額が大きくなればなるほど金利がリーズナブルになる仕組みになっています。

一番人気がある200万円以上300万円未満の金利は6.9%?14.5%、100万円以上200万円未満の金利は9.6%?14.5%、上限金利だけを見れば14.5%ですから消費者金融の法定上限金利である15%とそんなに変わりません。

銀行カードローンあるあるで、初回の人は金利設定幅の高い方で設定されますので、金利だけ見ると楽天銀行カードローンの金利は高すぎと評価されます。しかしながら、楽天銀行カードローンの残高は業界2位という大人気のカードローンです。

これらを総合的に判断していくと、楽天銀行カードローンの最大の魅力は審査に通りやすいという事かと思われます。

メガバンクのカードローンの方が優良顧客はよく行くはずなのに、それでも楽天銀行の方が残高が多いという事は、金利を比較的高くする事によりリスクとリターンのトータルバランスを保ちメガバンクよりも審査を通りやすくしているというのが楽天銀行の最大の魅力と言えるでしょう。

カードローンを利用した後はカードは解約すべきか?

カードローンなどを利用するときにカードを作ると思いますが、この作ったカードは利用後はどうしたら良いのでしょうか?2つ選択肢があります。引き続き所有しておく。解約してしまう。という2つの選択肢がありますが、基本的に今後も使う予定があるならば持っていた方が良いでしょう。

使う可能性があるのに、解約してしまうと、いざというときにまたカードを作らないといけないので面倒です。ただ、今後利用する可能性が限りなく少ないという場合はどうでしょうか?これは解約した方が良いのでしょうか?この場合でも、カードを所持していることで、お金がとられるとか、そういうデメリットがあれば解約した方が良いでしょう。

でも、そういう費用は基本的には発生しません。だから、持っているだけでお金がかかるなどのデメリットがないならば、解約する理由もほとんど存在しないことになるはずです。唯一の懸念点とすれば、カードがあると、お金が借りやすい状況にあるので、浪費をしてしまいやすいとか、そういうことがないとは言えません。だから、そういう心配はあるものの、自制ができるような人であれば、あえて持っているカードを解約しないといけない理由はないということになります。