楽天銀行カードローンは何故大人気なのか徹底検証!

楽天銀行カードローン、ちょっと銀行カードローンや消費者金融の知識がある人は人気のカードローンってイメージをお持ちだと思います。楽天銀行カードローンのの人気の秘密は何でしょうか。

楽天銀行カードローンの金利は1.9%?14.5%と幅広く設定されており、限度額が大きくなればなるほど金利がリーズナブルになる仕組みになっています。

一番人気がある200万円以上300万円未満の金利は6.9%?14.5%、100万円以上200万円未満の金利は9.6%?14.5%、上限金利だけを見れば14.5%ですから消費者金融の法定上限金利である15%とそんなに変わりません。

銀行カードローンあるあるで、初回の人は金利設定幅の高い方で設定されますので、金利だけ見ると楽天銀行カードローンの金利は高すぎと評価されます。しかしながら、楽天銀行カードローンの残高は業界2位という大人気のカードローンです。

これらを総合的に判断していくと、楽天銀行カードローンの最大の魅力は審査に通りやすいという事かと思われます。

メガバンクのカードローンの方が優良顧客はよく行くはずなのに、それでも楽天銀行の方が残高が多いという事は、金利を比較的高くする事によりリスクとリターンのトータルバランスを保ちメガバンクよりも審査を通りやすくしているというのが楽天銀行の最大の魅力と言えるでしょう。

キャッシングをする時の審査とは

キャッシングをしようとする時には審査をしてもらうことになります。その審査とは貸しても良い人であるのか、ということです。これには二つの意味があります。まず、法律的に貸しても問題がない人であるのかどうか、という点です。これが総量規制というものであり、年収の3分の1を超えないように貸す、という決まりがありますから、それを守らないといけないわけです。

もう一つの意味では貸して返済される見込みがキチンとあるのか、ということです。返済能力を超えていないかどうかのチェックを審査という形で行うわけです。この審査の内容は同じでも基準、つまりはハードルが細かく違うことがありますから、注意しましょう。

これが所謂、借りやすい業者とそうでない業者の違いになってきます。ちなみに業者はどんな人にも貸します、審査が緩いです、などの謳い文句はできないようになっていますから、注意しましょう。そうしたところは間違いなく闇金になります。それはさておくとしても重要なのは審査に通るのかどうかです。

自分の収入、そして既に余所からでも借金をしているのかどうか、ということが重要なポイントになりますから、覚えておくと良いでしょう。それが審査の要素になります。

総量規制対象外の商品について

お金の問題でも借金やキャッシングなどのものは色々と専門的な事柄や言葉が多くで、初めての借入をする人はちょっとだけ戸惑ってしまうことがあります。特に初心者がまず聞いたことがない言葉としては総量規制というものがありますが、これは貸金業法の改正が行われた際に借り過ぎによる借金トラブルを防ぐ目的で作られました。主な内容としては年収の1/3以上の貸し付けを原則として禁止するという点と、一定以上の借入の申し込みの際には収入証明の提出が必要となるという点です。

さてこの総量規制という制度は基本的なキャッシングのサービスに適応されるのですが、これにはいくつかの例外があるのでこれを知っておくと、より多くのお金が必要となったときに便利なので簡単に紹介していきたいと思います。まず総量規制対象外となるものには銀行ローンがあります。実は銀行は貸金業に当たらないものなので、そもそも総量規制の範囲外となっているのが特徴であり、それ故に高額のローンを希望している人にはおすすめのサービスとなっています。

また各種の消費者金融でもおまとめローンという目的だと総量規制の対象外となることがあります。金利の面では銀行ローンが圧倒的に有利なのですが、一方で審査の基準の優しさという面では消費者金融のおまとめローンの方がいいので一長一短と言えるでしょう。そのほかにも総量規制対象外となるものには、住宅ローンや自動車ローン、高額医療費や不動産担保などもあるので、覚えておいて損はないと思います。

日雇いでも借りる事は可能か

キャッシング検討者の方によっては、アルバイトとして働いています。ただアルバイトといっても色々な職種があるもので、中には単発型のアルバイトをしている方も見られるのです。いわゆる日雇いのお仕事をしている方も、たまにキャッシングを検討しているのです。

ところで日雇いのアルバイトの方々は、たまに審査に関して不安を覚えています。正社員とは違う働き方になるので、審査に通るか否かが不安だと思っている事例もある訳です。

しかし日雇いでも、実際には問題無いと考えて良いでしょう。肝心なのは、その日雇いの会社の仕事の安定状況です。毎日のように仕事が供給されるアルバイト先ならば、たいていは審査に通ります。逆に仕事の供給が少々不安定な時には、審査では少々厳しくなる事もあるのです。ですので勤務先の状況次第と言えるでしょう。

また日雇いに限らず言える事ですが、勤続年数の長さなども借りれるか否かに関わってきます。勤めている長さが短い時には、少々難しい事が多いですね。逆にかなり長く日雇いで勤めている方の場合は、比較的高い確率で借りれる傾向があります。

現在のキャッシングは即日でお金を借りられる

以前までの日本のキャッシング文化というものはあまり業者を信頼することができず審査時間というものも結構長くかかっていましたが、最近ではキャッシングサービスがとても品質が良くなっており、業者も少しでも品質の高いサービスを提供するようになってきましたので、キャッシング業者は非常にお客様のためを思ってサービスを高めています。

審査の時間も非常に短くなっていて、以前のように長い時間待たされることをなく即日で審査を終えることができます。信用情報がデータ上で管理されていますので、業者もすぐにお客様の信用情報を閲覧することができますので審査時間がとても短くなっているのです。

最近ではインターネットで簡単にキャッシングの申し込み行うことができますので、ほとんど手間がかかることがなく収入証明書などの書類も多くの金を借りなければ必要となることありません。本当に自宅で簡単にパソコンで申し込みができることから、現在では多くの人たちがキャッシングを利用している形となっています。これから初めて申し込み行う方にとってもとても簡単に申し込みができますので、それほど心配することなく審査を受けてほしいと考えています。

基本的に信用情報に傷が付いていなければ、一定の所得があれば審査に落ちることはあまりありませんので、キャッシングカードを1枚もつことで幸せな生活を送ってもらいたいと思っています。キャッシングは非常に便利なものなので利用してみるととてもメリットが高いと感じると思います。

カードローンを利用した後はカードは解約すべきか?

カードローンなどを利用するときにカードを作ると思いますが、この作ったカードは利用後はどうしたら良いのでしょうか?2つ選択肢があります。引き続き所有しておく。解約してしまう。という2つの選択肢がありますが、基本的に今後も使う予定があるならば持っていた方が良いでしょう。

使う可能性があるのに、解約してしまうと、いざというときにまたカードを作らないといけないので面倒です。ただ、今後利用する可能性が限りなく少ないという場合はどうでしょうか?これは解約した方が良いのでしょうか?この場合でも、カードを所持していることで、お金がとられるとか、そういうデメリットがあれば解約した方が良いでしょう。

でも、そういう費用は基本的には発生しません。だから、持っているだけでお金がかかるなどのデメリットがないならば、解約する理由もほとんど存在しないことになるはずです。唯一の懸念点とすれば、カードがあると、お金が借りやすい状況にあるので、浪費をしてしまいやすいとか、そういうことがないとは言えません。だから、そういう心配はあるものの、自制ができるような人であれば、あえて持っているカードを解約しないといけない理由はないということになります。

即日融資してくれました

不景気な現在では、お金に困っている人も決して少なくはありません。生活していくのにギリギリの人もたくさんいると思います。そんな中、消費者金融でお金を借り入れすることを考えている人もいるはずです。私もその一人でした。

少し前になりますが、私は消費者金融でお金を貸してもらいました。その当時はとにかくお金がなかったために、毎日生活していくのが大変でした。そんなこともあり、私は消費者金融でお金を借りるしかなくなりました。しかも、その当時はいろいろな支払いを滞納していたこともあり、即日融資してくれる消費者金融でないと、かなり厳しかったのです。

私はそのために即日融資をしてくれる有名な消費者金融でお金を借りることになりました。簡単な審査がありましたが、申し込んだその日のうちに、即日融資してもらうことができました。

私はその即日融資をしてもらったことにより、滞納していた支払金を払うことができました。やはり困ったときには、即日でお金を借りれるのは助かります。

キャッシングを申し込む前に自己チェックできること

キャッシングを利用する際に必ず受けなければいけないのは審査です。審査はキャッシング会社が申し込んできた本人がきちんと返済能力があるかどうかを判断するためのものです。審査は受けてみないとわからないところもありますが、申し込む前に自己チェックできれば審査に通るかどうかということを無駄に心配する必要はなくなります。では、どんな点を自己チェックできるでしょうか。今日はその点について記したいと思います。

まず、最初にチェックするのは返済計画です。申し込む前にどれだけの毎月返済しなければいけないのか、さらに金利はいくら負担する必要があるのかを確認しておく必要があります。では、どうすればしっかりとしたプランを立てることができるのでしょうか。一番良い方法はキャッシング業者のサイトにある計算シュミレーションを使うことです。現在では大手のキャッシング業者であれば、自社のサイトに返済額を計算できるシュミレーションを用意しています。ぜひ、それを活用することで毎月の負担額をイメージできるのです。

次に自己チェックしたいのは、これまで消費者金融を利用してきた履歴です。もし今まで何度か利用したことがあるならば、その際に支払いが遅れたりしなかったかということを調べておく必要があります。なぜこれはそれほど重要でしょうか。それはキャッシング会社は審査の際に信用情報機関に問い合わせて、申し込んだ本人がこれまで消費者金融を利用してきた履歴をチェックするからです。もし、支払いが遅れたことがあったりすると審査を通過するのがかなり厳しくなります。

自動契約機を利用すればキャッシングはもっと簡単に。

キャッシングをこれほどポピュラーにしたのは、自動契約機の存在が大きいのかもしれません。

お金の貸し借りの契約というと難しいことを想像される方が多いでしょう。

しかし、自動契約機を利用すれば思いのほか簡単にキャッシングをすることが出来るのです。

基本的なことはタッチパネルを押すだけの簡単操作ですので、年配の方にも安心して操作することができます。

何よりも優れているのは、不明な点なその場で質問できるということ。

自動契約機の端末には担当者に直接繋がる電話が設置されています。

利息や返済期間などお金を借りる場面では確認したいことが多くなるものです。

そんな時でも、受話器を上げるだけで担当者にその場ですぐに確認できるのは借りる側としても安心です。

家に帰ってから確認しようと思っても確認せずに終わることも多いのですが、すぐに確認できれば後々のトラブルを防ぐことにも繋がります。

融資の審査の時間が20分程度かかりますので、その間に担当者とお話しをして疑問点を解消しておくのもよいでしょう。

主婦がキャッシングを行うための条件とは

日々の生活の中で、急な出費を強いられることはままあります。

手持ちの範囲で賄えればいいのですが、どうしても無理な時は、誰かに借りるしかありません。

お金を借りる方法としては、キャッシングやカードローンが一般的ですが、主婦(特に専業主婦)には利用しにくくなっています。

2010年に貸金業法が改正され、「総量規制」が導入されました。

これにより、年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

そのため、大手の消費者金融では、収入のない人からの申し込みを断るようになってしまったのです。

このように、主婦にとっては非常に厳しい状況なのですが、絶対に借りられないというわけではありません。

「配偶者貸付」という制度を利用するという方法があるのです。

これは、総量規制が導入された後の主婦に対する救済措置と言える物で、「夫婦の年収を合算して、その3分の1までなら借りられる」という制度です。

夫の年収が600万円で、妻が専業主婦という場合なら、200万円まで借りられるということです。

この制度を利用するためには、「合算の対象である二人が夫婦であること」「夫に安定した収入があること(妻が専業主婦の場合)」という条件を満たす必要があります。

これらを証明するための書類として、「妻の本人確認書類」「住民票など、夫婦であることを証明できる書類」「夫の同意書」「源泉徴収票など、夫の収入を証明できる書類」といった物が求められます。

主婦にとっては非常にありがたい制度ですが、実は少数の業者しか実施していません。

通常の貸し付けと比べて、手間がかかる割に利益が少ないからです。

もう一つの方法は、「銀行ローン」を利用するという物です。

貸金業法における総量規制は貸金業者を対象にしているので、銀行は対象外なのです。

とはいえ、銀行ローンも本人に収入がないと借りられない物が多いのですが、夫に安定した収入があれば、専業主婦でも借りられるという物もあります。