増額申し込みを失敗しないために

初めてキャッシングを申し込むときには、借りられる限度額は低めに設定されていることが多いです。でも、もっと借りられると便利だなとか、ちょっと大きな買物をしたいというときには、限度額を上げる申し込みをすることもできます。

でも、キャッシングを始めてからすぐに限度額を上げようと思ってもうまくは行きません。なぜなら、借りる側と貸す側の信頼関係が出来ていないからです。きちんと返せるということを貸す側に見せる必要があります。どうやって見せるのかと言うと、地道にコツコツと返済を続けることで信頼を得ることができます。

遠回りのようですが、これが1番の近道です。半年以上延滞をせずに、返済を続けることで信頼されていきます。

たった1度でも、返済が遅れるようなことがあると、信用情報に傷がつくことにもなるので気をつけましょう。

長く利用していることも増額がしやすくなるポイントです。

また、他社でもキャッシングをしている場合は増額をしてもらえないこともあります。他社への返済で延滞などがあるのも、断られる理由になってしまうので気をつけましょう。

他からも借りていない、返済も滞っていないなら限度額が増額になる可能性は高いです。

申し込みは、電話やネットでできるので申し込んで見ましょう。

キャッシングの限度額が増額する仕組みは?

キャッシングの利用限度額は審査によって決まります。

もちろん業者によって多少の誤差はあるかと思いますが、基本的にキャッシング業者の場合は年収の3分の1以上の額は貸し出してはいけないこととなっておりますので、あらかじめご自身のキャッシング等の借り入れ状況を知っておくことは重要です。

とは言えこの利用限度額、増額することもあります。

金融機関にとってあなたの信用が増していったとき、良いお客様とされ限度額がアップするのです。

目安としては最初の借り入れから半年から1年くらいで1度も返済を滞ることなく行えば、増額対象となる場合があります。

一定の審査はあるものの、大手の消費者金融でも増額申請を行うことが可能で、ネットから簡単に手続きが出来ます。

対象かも?と思った際には試してみるのも良いでしょう。

反対に利用限度額が減額されてしまうという可能性もあり、返済を滞ってしまったり他社からの借り入れが確認されたという場合は、

限度額が減るもしくは一気にそれ以上を借りられなくなるという可能性もあります。

ご自身の将来にも関わってしまうことがありますので、返済は遅れることなく確実に行うようにしましょう。

増額がなされたという場合は業者にとって信用度がアップした証拠です。自信を持って以後も返済をコツコツと行いましょう。