低所得者もキャッシングの審査に通りたい

キャッシングは基本的に無担保で数万円、十万円、場合によっては数百万円を借りるわけですから、必ず審査があります。

しっかりと働いて、ある程度の所得がある人は、当然審査にも通りやすいのですが、キャッシングを考える人は基本的にお金に困っているわけですから、

何らかの理由で無職や低所得の人たちも審査に通りたいという気持ちがあります。

キャッシングは早期に返済できれば、利息もほとんどかからず、非常に便利なんですね。

(キャッシングの金利は年率で計算されるので、1か月で返済すれば金利も12分の1で済むという計算です。)

クレジットカードの使えない店舗は当然現金が要りますから、そういうときにキャッシングを利用したいんです。

私が思う一番良い解決策は「給付付き税額控除」の導入です。日本は正社員とそれ以外で待遇や年収に大きな開きがありますから、

無職や低所得者の生活を向上させる給付が必要不可欠なのですが、なぜか日本だけこの制度がありません。

年収約100万円以下の人は所得税が全額免除されますが、それだけでは到底暮らせませんので、一定額の給付が必要なんですね。

その給付があれば、臨時で借り入れたキャッシングも返済できるので、審査に通りやすくなるのではないかと思っています。

キャッシング会社も、キャッシングの利用が増える、また利用者の返済目途も立つ、ということで非常に良い制度だと思うのですが、

なかなかこの国では実現しません。ゆとりのあるキャッシング、そして生活を手に入れるためにも、「給付付き税額控除」の早期導入を強く求めていきましょう。

キャッシングを利用したいけど利息が心配というあなたへ

給料日前、欲しいものが限定で販売されることを知った時、少しの額が手元になくて悔しい思いをしたという経験はないでしょうか?

そんなとき、事前にキャッシングカードローンに申し込んでおけば、「少し足りない」という状況でも慌てることなく対応できるはずです。

キャッシングというと、高額な利息を強いられるというイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。確かに、借りる額が多額になれば利息はその分多くなってしまいますが、計画的に使用すれば思ったよりも安い額だったというケースがあります。

例えば、楽天カードローンに申し込み年利14.5%の融資が受けられることになった場合、10万円借りたときの一日当たりの利息は約39円となります。「約」という表現なのは、返済まで複数日かかる場合小数点以下の利息が加算されるためです。

そのため、一週間後に全額返済するという場合でも、利息は278円で済ませることができます。

また、プロミスなら初めての利用で30日間利息ゼロというように、大手消費者金融では無利息で利用できるキャンペーンも行っています。

短期で返済できる目途がある方は、無利息で借りられるカードローンもお勧めです。

カードローンの増額申込みは慎重に行わないと失敗しやすい

カードローンの申込みを行なった時に、審査に通りやすくするため、利用希望額を少な目に申告する人が多いです。実際に設定された利用限度額が増やされていれば、後から増額申込みを行なう必要がありません。しかし、現実には少な目の利用限度額のまま一向に増額される気配さえないと、いささか限度額に満足出来ない結果となるでしょう。そこで、カードローンの増額申込みが利用規約によると出来ることを思い出し、実行に移すことになります。カードローンの増額申込みは、いつでも申込み可能としているとは限らず、最後に増額申込みを行なってから半年または1年以上経過しなければ、再度の増額申込みを受け付けていないことが少なくありません。

消費者金融の増額申込みについては、半年以上間隔を空けた上で収入証明書を提出すれば、審査に応じてもらえます。新規に準ずる審査が行われることになるので、必ずしも増額されるとは限らず、契約内容の見直しにより利用限度額が減額されてしまう可能性があることを知った上で手続きする必要があるわけです。銀行カードローンについては、銀行側からの増額案内が無ければ審査通過は消費者金融よりも更に厳しいとされているので、他社を含めた返済状況が良いといった好材料が無ければ厳しいでしょう。

キャッシングやカードローンの利用ではこの3つのポイントに注目する

キャッシングやカードローンの利用で急場をしのげることも少なくありません。しかし、キャッシングやカードローンの利用で急場をしのいだあとは返済が待っているのです。急場をしのぐことばかりに気が取られていて返済のことを考えていなかった人も少なくないでしょう。緊急にお金が必要になったときでも次の3つポイントだけは抑えてキャッシングやカードローンを利用しましょう。

一つ目のポイントはやはり金利です。お金を借りるということでは金利がなるべく低い金融機関を選ぶことは基本中の基本です。それは0.1%の金利の違いであっても返済が長くなれば大きな利息額の差として現れることを忘れてはいけません。

二つ目のポイントはリボ払いに注意することです。毎月あまり多くない金額でリボ払いの契約にすると借入元本があまり減らずに利息ばかりを払うという循環になってしまいかねません。

最後のポイントはお金を借りるときには目先の返済ではなく、なるべく総返済額がいくらになるのかを計算して利用しましょう。総返済額をシュミレーションなどで知ることによって返済のイメージがわかりますので、どのような返済が合理的なのかわかりやすくなっていくことでしょう。

キャッシングに利用用途について

キャッシングで借り入れを行う場合、利用用途は限られているのでしょうか。ショッピングローンや、住宅ローン等を考えると、それ以外のことに借入金を利用することができません。しかし消費者金融で利用できるキャッシングやカードローンの場合は、利用用途があるのでしょうか。基本的に借り入れたお金を何に利用しても特に咎められることありません。常識の範囲内の利用なら、何に利用しても問題はないでしょう。しかし注意したいのは借金の返済にキャッシングやカードローンを利用するということです。このような使い方を続けていくと、返済額は増えていき、多くの利息を支払うことになるので困ってしまう場合もあります。

多くの消費者金融に借り入れがある場合は、1つにまとめて返済することをお勧めします。1つにまとめて返済するサービスをおまとめローンと呼びますが、おまとめローンはキャッシングやカードローンと違い、年収の3分の1以内と決められていないので、便利に活用することができるでしょう。おまとめローンの場合は、借り入れを1つにまとめること以外に利用することは出来ないので注意する必要があるでしょう。様々な便利なサービスを上手に活用して毎日の生活に役立てましょう。

おまとめローンのメリットをフルに活用するには

多重債務をもっており、その月々の返済が苦しくなってきたという人はおまとめローンの利用を考えましょう。

おまとめローンは複数の借金を一つにまとめて、返済が容易になるようにする金融商品ですから、多重債務の解消にはうってつけです。おまとめローンのメリットとしては複数の借金で複雑になっていた借金の管理が、一つの借金にまとめられますから簡単になりますし、借金の総額は減りませんがおまとめローンの利用で金利が下がることが普通ですから、総返済額を下げることができるので、実質的には借金の減額効果も期待することができるのです。

しかし、おまとめローンの利用によって月々の返済額を減らしてしまうと、返済が長期にわたってしまうことで総返済額が増えてしまうこともあるので、おまとめローンのメリットを活用するには月々の返済額をあまり少なくすることは避けたほうがいいでしょう。別の言い方をすれば、おまとめローンのメリットをフルに活用するためには頑張って、月々の返済額を同じくらいにすれば、借金の完済の道が開けます。それが、難しい場合には繰り上げ返済などを利用して一気に借金の元本を減らすことで借金完済に近づくことができるのです。

楽天銀行カードローンは何故大人気なのか徹底検証!

楽天銀行カードローン、ちょっと銀行カードローンや消費者金融の知識がある人は人気のカードローンってイメージをお持ちだと思います。楽天銀行カードローンのの人気の秘密は何でしょうか。

楽天銀行カードローンの金利は1.9%?14.5%と幅広く設定されており、限度額が大きくなればなるほど金利がリーズナブルになる仕組みになっています。

一番人気がある200万円以上300万円未満の金利は6.9%?14.5%、100万円以上200万円未満の金利は9.6%?14.5%、上限金利だけを見れば14.5%ですから消費者金融の法定上限金利である15%とそんなに変わりません。

銀行カードローンあるあるで、初回の人は金利設定幅の高い方で設定されますので、金利だけ見ると楽天銀行カードローンの金利は高すぎと評価されます。しかしながら、楽天銀行カードローンの残高は業界2位という大人気のカードローンです。

これらを総合的に判断していくと、楽天銀行カードローンの最大の魅力は審査に通りやすいという事かと思われます。

メガバンクのカードローンの方が優良顧客はよく行くはずなのに、それでも楽天銀行の方が残高が多いという事は、金利を比較的高くする事によりリスクとリターンのトータルバランスを保ちメガバンクよりも審査を通りやすくしているというのが楽天銀行の最大の魅力と言えるでしょう。

キャッシングの返済で考えておく事

ちょっとしたお金のない時にキャッシングをしてその場を何とか乗り切るという方も多いです。しかし、キャッシングをすれば必ず返済があります。基本的には、キャッシングをするのであれば返済の事も考えておく事が一般的ですが、長期に渡って返済があると思いもよらぬ出費をする事もあります。

もし、キャッシングの返済中で支払い期日までに返済が出来ないという事であれば、事前に金融機関に連絡する事が重要です。どのくらいの期間の返済が遅れるのか、しっかりと伝えておく必要があります。金融機関によっては伝えることによって、1日や2日であれば延滞遅延金などが取られないケースもありますので、支払いが遅れそうなときに、まずは連絡してみる事が重要です。

また、返済をする際には、支払い期限がありますのでしっかりと把握しておく必要があります。1カ所のみから借りているのであれば返済日を忘れる可能性は低いですが、複数個所になれば返済日も異なりますし、場合によっては返済が遅れる事もあります。

その為、しっかりと管理する事も重要ですが、最近では金融機関でも返済日や前日に携帯電話にメールでの連絡をしたり、アプリなどで連絡をしてくれる機能などもありますので、使ってみるのも効果があります。

キャッシングをする時の審査とは

キャッシングをしようとする時には審査をしてもらうことになります。その審査とは貸しても良い人であるのか、ということです。これには二つの意味があります。まず、法律的に貸しても問題がない人であるのかどうか、という点です。これが総量規制というものであり、年収の3分の1を超えないように貸す、という決まりがありますから、それを守らないといけないわけです。

もう一つの意味では貸して返済される見込みがキチンとあるのか、ということです。返済能力を超えていないかどうかのチェックを審査という形で行うわけです。この審査の内容は同じでも基準、つまりはハードルが細かく違うことがありますから、注意しましょう。

これが所謂、借りやすい業者とそうでない業者の違いになってきます。ちなみに業者はどんな人にも貸します、審査が緩いです、などの謳い文句はできないようになっていますから、注意しましょう。そうしたところは間違いなく闇金になります。それはさておくとしても重要なのは審査に通るのかどうかです。

自分の収入、そして既に余所からでも借金をしているのかどうか、ということが重要なポイントになりますから、覚えておくと良いでしょう。それが審査の要素になります。

初めて利用して助けられました。

主婦のパートの身である私です。子供のダブル入学があり、今月ついに夫の給与と自分のパート収入では生活が困難になりました。

45歳にもなり、実家にお金を貸してほしいとは言いたくなかった。

そこで、夫には相談をして一時的に消費者金融を利用しないか?と。

その前にプロミスや大手数社で行われている無利息期間のサービスについて…私なりに少々知識をつけてから夫に話をしました。

どうしても、今月だけは厳しい・・・貯めていたお金に手を付ける事も躊躇する・・・

でも実家等からの借り入れはしたくなかった・・・

ほんの少しのお金があれば、今月家族の食費になるのです。

そのほんの少しを借り入れしました。利用先は「プロミス」でした。

30日位無利息期間がありましたから、30日で必ず返済する事を、夫と約束して協力しあって何とか目標通り返済を完了する事が出来ました。

ほんの3万円というお金でしたが、借入が出来た事で気持ちが楽になりました。お財布にお金が入っていない事の不安よりも、無利息で借入する事が出来るのであれば、その期間内に返済をする事も目標に生活する方が張り合いがあるのだと分かりました。全く金利が発生する事無く利用出来たので、消費者金融のイメージも良くなった。そんな経験でした。