消費者金融で借りたお金を早めに返すために

消費者金融の返済を長期にわたって行いますと、やはりお金の返済額の総計は増えてしまいます。

そうならないようにするためには、少しでも早く借金を返すのがいいのです。

その早く返すために利用すべき方法はいくつかありますが、やはりボーナスなどを用いてはやめに一気に返済するのがいいでしょう。

早めに返すことによって元金が減りますので、その分利息がつく量も減るのは当然ですし、

今後普通に返していく際にもずいぶんと楽に返済ができるようになると思います。

また、一時的に副業を多めにすることによって返済を一気にすることも同様の効果が得られます。

最初に大きく返済できる方法をやってみると、そのときはつらいかもしれないこともあるでしょうが、後々楽です。

カードローンの貸し付ける方式というのは

カードローンはカードを発行してもらうときに審査をしてもらうことになります。収入とか他所からの借り入れ、そしてこれまでの実績なども踏まえてそもそもまずは貸すことができる人であるのか、という審査が行われることになります。そして、それは極度方式貸付ということになります。これはどんなやり方であるのか、といえばその都度の審査はしない、ということになります。設定額を決めて、その範囲内であれば何度でも貸し借りができるようにします。

これによって貸付のスピードが上がりますし、かなり効率性がよくなります。但し、これは永久に有効なのか、といえばそうでもなく、数ヶ月に一回、実は審査をしています。特にいえるのが総量規制に引っかかるようなことをしていないのか、ということです。キャッシング側はそれを調べることができるようになっていますから、そのあたりはかなりしっかりと調べられます。しかし、基本的には一度設定され融資可能限度額というのはそのまま何度でも利用できるように決められています。カードローンのカードをとりあえず持っていることのメリットはここにあります。維持をするコストもかからないので物凄くよい点があるといえるでしょう。

アコムとプロミスの無利息期間の違い

大手消費者金融のアコムとプロミスでは、どちらの会社でもサービスの利用が初めてであり、無担保型キャッシングサービスを契約した人に対して30日間無利息でキャッシングができるキャンペーンを実施しています。いつでの無利息期間も最大で30日という点には変わりがないのですが、無利息キャッシングサービスを受けるための条件や無利息期間の開始日などはそれぞれ異なっています。アコムとプロミスの無利息期間について比較を行っていきましょう。

まずアコムの場合ですが、アコムの利用が初めてでありカードローンを契約するという以外に返済サイクルを35日毎として契約すること、という条件が設定されています。無利息期間については契約日の翌日から30日間とされています。

一方でプロミスの場合ですが、プロミスの利用が初めてであり無担保型のキャッシングサービスを契約するという以外には、Eメールアドレスを登録することとWeb明細サービスの登録を行うこと、という2つの条件が設定されています。なお無利息期間の開始日については初回借入日の翌日から30日間とされています。

こうして比較をしてみますとアコムとプロミスでは設定されている条件が大きく異なりますし、無利息期間の開始日も大きく違うので、それぞれの違いをしっかり把握しておくと良いですね。

総量規制対象外の銀行カードローン

消費者金融のキャッシングは誰でもお金を借りられるというイメージがありますが、実際にはそうではありません。

消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため自分の収入がない無職の人は申し込みをすることができないからです。

総量規制では消費者金融等の貸金業者は消費者に対して融資できる金額は年収の三分の一までとなっているので、自分の収入がない人はキャッシングやクレジットカード等のサービスを利用することができないのです。

ただし、銀行のカードローンは違います。

銀行のカードローンは総量規制対象外となっているので、自分の収入がない人でも審査の結果次第ではありますがお金を借りることはできるようになっているのです。

キャッシングの申し込みをする時に提出する本人確認書類でどのような点に注意すればいい?

キャッシングの申し込みをする時に本人確認書類の提出を求められます。本人確認書類は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書が適用されますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり確認していきましょう。

・健康保険証は適用されない可能性がある

健康保険証は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書に該当する書類の一つになりますが、他の運転免許証と比較すると顔写真がないという違いがあります。キャッシングの審査では顔写真がある身分証明書を提出しなければいけない事も多いので健康保険証は適用されない可能性があります。健康保険証を本人確認書類として提出しようと考えている人は注意しましょう。

・運転免許証のみとなっている事もある

本人確認書類は運転免許証やパスポートなどが適用されますが、業者によっては運転免許証のみになっている事もあります。それでパスポートを提出しても本人確認書類として適用されない事があります。運転免許証のみとなっている場合は必ず運転免許証を持参するようにしましょう。また運転免許証を持っていない人は別の業者でキャッシングをするようにしましょう。

キャッシングの申し込みをする前に業者のホームページで適用される本人確認書類をしっかり確認しておきましょう。

専業主婦でも借りられるカードローン

毎月に家計のやりくりをしている主婦の中には、あと少しお金が足りないという時も少なくないのではないでしょうか。

そういった時には、銀行のカードローンがおすすめです。

パート主婦であれば、消費者金融のキャッシングに申し込むことは可能ですが、収入のない専業主婦の場合、消費者金融では借り入れをすることができませんから、銀行のカードローンに申し込む必要があります。

消費者金融には、収入の3分の1までしか借り入れができないという、総量規制の決まりがあります。

そのため、申し込みをするには、収入があることが条件となります。専業主婦は収入がありませんから、消費者金融からは借り入れができないことになっていまいます。

一方、銀行のカードローンは、総量規制の対象外となるため、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でもお金を借りることができます。

できれば夫や家族に内緒でお金を借りたいという場合でも、インターネットで申し込みが可能ですし、審査に必要な書類は基本的に運転免許証などの本人確認書類だけで、基本的には収入証明書は必要ありませんから、手軽に申し込むことができます。

専業主婦の場合、在籍確認の電話はありませんし、本人確認の電話連絡のみとなっていますから、携帯電話を登録しておけば、家に電話がかかってくることもないので、家族にばれる心配もありません。

借入れ金額に見合った限度額が保証されているカードローンを視野に入れて

各社間でそれ程大きな条件の差が無い様にも感じられるカードローンですが、その限度額ギリギリ近くまで活用しお金を借りたいと考える際、初めてその差を実感出来る様になります。

というのも会社によって利用限度額にかなりの差があるからに他なりません。

具体的に見れば、ある会社は利用限度額が500万円であるのに対し、一部の会社では利用限度額を最大800万円にまで引き上げる事が出来る等、利用限度額の設定の柔軟性に100万円単位の幅が生じているからです。

長い人生の中でも数百万円もの額を借金するという機会はそうそうあるものでは無いでしょうが、いざという時の為にもなるべく利用限度額が大きな会社のカードローン利用を視野に入れ、早目に提携銀行の口座を開設しておく等、対策を取っておくのも悪くはない方法です。

ただキャッシング同様、これらのカードローンでも十分な収入さえきちんと証明出来れば、ごく短時間で審査に通り、早くも翌日には借入れが可能となる手軽さとレスポンスの良さは確保されています。

借金の必要性は滅多にないからこそ、何の前触れも無く突然やってくるもの。その瞬間どうしても慌ててしまうのは仕方ないところですが、冷静になってすぐに行動に移せる機動性の高さこそ、今時のカードローンの持つ最大のメリットとも言えるでしょう。

キャッシングがバレてしまうのは申し込みや契約時よりも利用中!

現金を借り入れする方法として、カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠などのキャッシングサービスが申し込みし易く、使い勝手もいいものです。最近では、契約者のプライバシーには最大限の配慮がされ、審査時の電話確認、契約後の郵送物などから契約の事実が分かり難いようになっています。

また、インターネットからWeb完結で申し込みから契約もでき、人目に付かないというメリットもあります。ですが、キャッシングが家族や友人、勤務先にバレてしまうのは利用中のリスクがあります。
例えば、カードローンならローンカードであり、外観から大手消費者金融のカードだと分かってしまいます。
ローンカードのデザイン自体も、インターネット上で画像が公開されているなど利用者しか見たことがないというものではなくなっています。

さらに、ローンカードに消費者金融の社名が無く、略称だから安心というものではなく、これもホームページを調べられると直ぐに分かってしまいます。
そのため、キャッシングを利用する際はローンカードが目に付かないように確実に隠したり、クレジットカードのキャッシング枠を利用するなどの対策が肝心です。
クレジットカードのキャッシング枠なら、見た目はクレジットカードとなり、カモフラージュ効果は高いと言えます。

サービスの比較で使いやすいキャッシングで融資を受ける

飲み会が急に発生したり、公共料金を支払うのに給料日まで、まだ日にちがあるといった場合において、お金を消費者金融会社で借りるといった手段があります。消費者金融会社は、国内に数多く存在していますので、その分だけキャッシングのサービスがあります。キャッシングで融資を受ける際には、サービスの比較をしておきますと、ユーザーのニーズに合ったサービスを選ぶ事ができ、返済時に利息が発生しても、返済額が高くなり過ぎるといった事が起こりません。

キャッシングのサービス内容は、どの消費者金融会社でも基本的に同じですが、無利息サービスを展開していたり、豊富な申し込み方法が提供されていたり、全国の金融機関などと提携していて、ATMを介した融資・返済がスムーズに出来ます。無利息サービスを展開している消費者金融会社は、大手消費者金融会社に多いですが、初回の利用における条件をクリアしていれば、返済時の利息を一定期間、あるいは、一定金額をゼロにするといった事が行われています。

キャッシングで借りたお金の利用制限はほとんど無く、ユーザーは限度額までであれば、何回でもお金を借りられます。但し、貸金業法によって総量規制という仕組みが導入されていますので、限度額の総額が年収の3分の1になるようにする事が大切です。サービス内容で比較して、キャッシングを利用する事は、ユーザーにとって計画的にお金を使いやすい環境作りが行えるのです。

想像より遥かに簡単なキャッシング審査

「お金ながない、どうしよう。」

誰しも1度はそんなことを考えると思います。

私にもそんな時期があり、どうしてもお金が必要な時期がありました。

そこで、キャッシングを利用することに決めました。

しかし、やはりというべきか気になるのが、キャッシングの審査についてです。

すぐにお金を借りて使うことができるのか、審査の際に個人情報を伝えるのが心配だ、家族や知人にバレるのが怖い、などという不安も勿論ありました。

皆さんもきっとそんなことを考えていると思います。

キャッシングに必要な個人情報は、お住まいや電話番号、稼ぎについてなどの非常に簡単なもので、正直に応えれば特に不安になるようなものはありませんでした。

また、私は当時学生だったのですが、学生の私でもキャッシングを受けることができました。

そして、家族や知人にバレてしまうことについては、本当に心配するようなことではありませんでした。

一応、アルバイトや仕事をしていることの事実確認として、その仕事先に電話をすることが規則としてありますが、在籍確認だけなので恐らく5分もかかっていないでしょう。

もしそれでも心配な方は、自身が仕事先にいる際に電話をかけてもらうことも出来ますので、それをお勧めします。

現在、キャッシングについてお悩みの方、特に身バレが怖くて一歩踏み出せない方は、一度消費者金融の会社へ電話をしてみてください。

意外にもすぐ借りることができます。

早く借りなかったことを後悔し、お金に困る前に、是非キャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。