中小の消費者金融にキャッシングの申し込みをする時の注意点は?

大手の消費者金融にキャッシングの申し込みをしたけど審査に落ちてしまったという人も少なくないでしょう。そのような時は柔軟な審査をしてくれる中小の消費者金融にキャッシングの申し込みをしますが、注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

大手の消費者金融は店舗の他に自動契約機が全国各地に設置されています。キャッシングの申し込みをする時も自動契約機を利用する事が出来るのですごく便利です。しかし中小の消費者金融は自動契約機が設置されていないので申込方法は店舗かネットになります。店舗はそれほど多くないのでネットで申し込みをした方がいいでしょう。また中小の消費者金融は収入証明書の提出を求められる事もあるので申し込みをする時は用意しておきましょう。

消費者金融で借りたお金を早めに返すために

消費者金融の返済を長期にわたって行いますと、やはりお金の返済額の総計は増えてしまいます。

そうならないようにするためには、少しでも早く借金を返すのがいいのです。

その早く返すために利用すべき方法はいくつかありますが、やはりボーナスなどを用いてはやめに一気に返済するのがいいでしょう。

早めに返すことによって元金が減りますので、その分利息がつく量も減るのは当然ですし、

今後普通に返していく際にもずいぶんと楽に返済ができるようになると思います。

また、一時的に副業を多めにすることによって返済を一気にすることも同様の効果が得られます。

最初に大きく返済できる方法をやってみると、そのときはつらいかもしれないこともあるでしょうが、後々楽です。

カードローンの貸し付ける方式というのは

カードローンはカードを発行してもらうときに審査をしてもらうことになります。収入とか他所からの借り入れ、そしてこれまでの実績なども踏まえてそもそもまずは貸すことができる人であるのか、という審査が行われることになります。そして、それは極度方式貸付ということになります。これはどんなやり方であるのか、といえばその都度の審査はしない、ということになります。設定額を決めて、その範囲内であれば何度でも貸し借りができるようにします。

これによって貸付のスピードが上がりますし、かなり効率性がよくなります。但し、これは永久に有効なのか、といえばそうでもなく、数ヶ月に一回、実は審査をしています。特にいえるのが総量規制に引っかかるようなことをしていないのか、ということです。キャッシング側はそれを調べることができるようになっていますから、そのあたりはかなりしっかりと調べられます。しかし、基本的には一度設定され融資可能限度額というのはそのまま何度でも利用できるように決められています。カードローンのカードをとりあえず持っていることのメリットはここにあります。維持をするコストもかからないので物凄くよい点があるといえるでしょう。

アコムとプロミスの無利息期間の違い

大手消費者金融のアコムとプロミスでは、どちらの会社でもサービスの利用が初めてであり、無担保型キャッシングサービスを契約した人に対して30日間無利息でキャッシングができるキャンペーンを実施しています。いつでの無利息期間も最大で30日という点には変わりがないのですが、無利息キャッシングサービスを受けるための条件や無利息期間の開始日などはそれぞれ異なっています。アコムとプロミスの無利息期間について比較を行っていきましょう。

まずアコムの場合ですが、アコムの利用が初めてでありカードローンを契約するという以外に返済サイクルを35日毎として契約すること、という条件が設定されています。無利息期間については契約日の翌日から30日間とされています。

一方でプロミスの場合ですが、プロミスの利用が初めてであり無担保型のキャッシングサービスを契約するという以外には、Eメールアドレスを登録することとWeb明細サービスの登録を行うこと、という2つの条件が設定されています。なお無利息期間の開始日については初回借入日の翌日から30日間とされています。

こうして比較をしてみますとアコムとプロミスでは設定されている条件が大きく異なりますし、無利息期間の開始日も大きく違うので、それぞれの違いをしっかり把握しておくと良いですね。