信用状況や返済能力が申し分ないのに審査落ちはある?

銀行や消費者金融から借り入れをする際、信用状況や返済能力は最重要項目となります。

しかし、他社借り入れゼロ、収入も安定しているのに審査落ちすることは少なからずあります。

このような場合は、自身の問題ではなく勤務先を疑うことが重要になります。

申し込み条件として、『継続して安定した収入がある』というのは、申込者個人だけではなく、勤務先が給与を支払える状況にあるかも影響します。

そもそも、企業は契約を締結する際、相手先の信用状況を帝国データバンクや東京商工リサーチを利用し、確認しています。

財務状況の悪化する可能性がある場合、結果的には契約者の収入に影響してしまいます。

昨今では、勤務先の信用度には、コンプライアンス遵守も影響するため、社会的に大きな問題を起こした企業の社員は、契約は難しいと言えます。

最近は、法令軽視によって最終的に倒産する企業もあるため、勤務先の評価というのは重要になっています。

振込キャッシングを即日で

現在の消費者金融系キャッシングの多くが、カードローンと同じ形式となっています。申し込みをして専用カードを発行してもらい、そのカードを使ってATMでお金を借り入れするのです。
しかしこれ以外に、振込キャッシングと呼ばれているサービスもあります。この場合は、パソコンやスマートフォンなどから申し込みをすると、指定した銀行口座に希望金額を振込してもらえます。カードローンと異なり、ATMまで足を運ぶことなく、借り入れできるわけです。

口座にお金を入れてもらえるのですから、口座のお金が不足している時には、非常に便利です。たとえば、住宅ローンや自動車ローンなどの引き落としの日が近いにもかかわらず、忙しくて自力で口座への入金ができない時などです。振込キャッシングを利用すれば、残高不足による支払い遅延を回避できるようになるのです。
ただし即日での振込キャッシングを希望している場合には、申し込みの時間に気をつける必要があります。というのも、指定口座がある銀行の営業時間でなければ、振込手続きが行われないからです。

具体的には銀行の営業時間は、原則として平日の午前9時から午後15時となっています。その間に、振込キャッシングの手続きおよび審査を済ませておかなければならないのです。
手続や審査には、早くても30分はかかるので、平日の14時頃までには申し込みをすることが大事です。