キャッシングの申込み方法は多様化している

キャッシングの申込み方法は、以前は窓口で申込みする方法が一般的でした。しかし、大手消費者金融を中心として、自動契約機が全国に設置されたことにより、自動契約機コーナーで申込みを行なう方法が普及します。審査センターを専門的に用意することで、効率的に審査業務を行えるようになり、処理が迅速に行われて審査時間が短くなりました。消費者金融を中心として即日審査が普及した背景には、自動契約機の存在が大きかったわけです。

一方、従来型の窓口申込みは、自動契約機が普及するにつれて姿を消して、中小消費者金融で行われている程度です。昔ながらの電話やFAXによる申込み手続きを行っている金融業者もありますが、あくまでも申込書の取り寄せのために利用するわけであって、実際には郵送による手続きに集約されています。インターネットが急速に普及したことにより、インターネット経由での受付数が増加しています。証明書類の提出方法として、スマートフォンのカメラ機能が役立つようになり、FAX送付よりも高解像度で証明書類が提出出来るようになりました。提出された情報も、インターネット経由ならば申込情報との紐付けが最初からされているので、審査担当者が確認する手間が省けるようになっています。

キャッシングができる人とできない人が出てしまう理由と審査のポイント

キャッシングを考えた場合に多くの方が気になるポイントと言えば、自分がお金を借りられるのかどうかになります。せっかく足を運んだのに審査に落ちてしまえば無駄足になりますし、気持ちも落ち込んでしまいます。

なので、キャッシングに踏み切れない方はこの理由で躊躇するケースが最も多くなっています。しかし原則としてキャッシングと言う物は成人していて安定した収入があれば誰でも利用できるようになっています。

また、審査に落ちてしまうのは本人の返済能力がカギになっています。

最近になって多くみられるのが総量規制によって断られてしまうケースになっていて年収の三分の一を超える貸し付けは返済が難しくなると国は判断しています。したがって、総量規制に引っかかる様な複数の消費者金融からキャッシングしている方は審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

そして、ブラックリストに載っている場合もほぼ確実に審査には落ちてしまいます。このブラックリストとは債務整理などで決着した場合などにデータベースに記録され、そのデータベースは多くの消費者金融で共通して使われています。なので、ブラックリストに載ってしまうと他社からのキャッシングも非常に難しくなってしまうとされています。

三井住友銀行カードローンを利用するのに向いている人の特徴

三井住友銀行カードローンは大手銀行にカードローンなので利用者が多いのが特徴です。店舗内に設置されているローン契約機で申し込みをすると即日融資を受ける事も可能です。銀行カードローンを利用する時に三井住友銀行カードローンを選択肢の一つにしている人も多いですが、どのような人が利用するのに向いているのか見ていく事にしましょう。

・低金利のカードローンを利用したい人

銀行カードローンは金利の設定がさまざまなので選ぶのに迷ってしまう事も多いですが、三井住友銀行カードローンは上限金利が15%以下で設定されているので低金利のカードローンと言えます。低金利のカードローンを利用したい人は三井住友銀行カードローンを利用するのに向いています。

・三井住友銀行の口座を持っている人

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座を持っていなくても利用する事が出来ますが、便利なサービスが使えなくなるので不便になってしまいます。便利なサービスを使うためには三井住友銀行の口座を持っている必要があります。三井住友銀行の口座を持っている人も利用するのに向いています。

・ATMを利用してお金を借りたい人

三井住友銀行カードローンは自社ATMやコンビニに設置されているATMを利用してお金を借りる事が出来ますが、利用手数料が無料になるのでお得感があります。ATMを利用してお金を借りたい人も利用するのに向いています。