キャッシングやカードローンの利用ではこの3つのポイントに注目する

キャッシングやカードローンの利用で急場をしのげることも少なくありません。しかし、キャッシングやカードローンの利用で急場をしのいだあとは返済が待っているのです。急場をしのぐことばかりに気が取られていて返済のことを考えていなかった人も少なくないでしょう。緊急にお金が必要になったときでも次の3つポイントだけは抑えてキャッシングやカードローンを利用しましょう。

一つ目のポイントはやはり金利です。お金を借りるということでは金利がなるべく低い金融機関を選ぶことは基本中の基本です。それは0.1%の金利の違いであっても返済が長くなれば大きな利息額の差として現れることを忘れてはいけません。

二つ目のポイントはリボ払いに注意することです。毎月あまり多くない金額でリボ払いの契約にすると借入元本があまり減らずに利息ばかりを払うという循環になってしまいかねません。

最後のポイントはお金を借りるときには目先の返済ではなく、なるべく総返済額がいくらになるのかを計算して利用しましょう。総返済額をシュミレーションなどで知ることによって返済のイメージがわかりますので、どのような返済が合理的なのかわかりやすくなっていくことでしょう。

キャッシングに利用用途について

キャッシングで借り入れを行う場合、利用用途は限られているのでしょうか。ショッピングローンや、住宅ローン等を考えると、それ以外のことに借入金を利用することができません。しかし消費者金融で利用できるキャッシングやカードローンの場合は、利用用途があるのでしょうか。基本的に借り入れたお金を何に利用しても特に咎められることありません。常識の範囲内の利用なら、何に利用しても問題はないでしょう。しかし注意したいのは借金の返済にキャッシングやカードローンを利用するということです。このような使い方を続けていくと、返済額は増えていき、多くの利息を支払うことになるので困ってしまう場合もあります。

多くの消費者金融に借り入れがある場合は、1つにまとめて返済することをお勧めします。1つにまとめて返済するサービスをおまとめローンと呼びますが、おまとめローンはキャッシングやカードローンと違い、年収の3分の1以内と決められていないので、便利に活用することができるでしょう。おまとめローンの場合は、借り入れを1つにまとめること以外に利用することは出来ないので注意する必要があるでしょう。様々な便利なサービスを上手に活用して毎日の生活に役立てましょう。