キャッシングをする時の審査とは

キャッシングをしようとする時には審査をしてもらうことになります。その審査とは貸しても良い人であるのか、ということです。これには二つの意味があります。まず、法律的に貸しても問題がない人であるのかどうか、という点です。これが総量規制というものであり、年収の3分の1を超えないように貸す、という決まりがありますから、それを守らないといけないわけです。

もう一つの意味では貸して返済される見込みがキチンとあるのか、ということです。返済能力を超えていないかどうかのチェックを審査という形で行うわけです。この審査の内容は同じでも基準、つまりはハードルが細かく違うことがありますから、注意しましょう。

これが所謂、借りやすい業者とそうでない業者の違いになってきます。ちなみに業者はどんな人にも貸します、審査が緩いです、などの謳い文句はできないようになっていますから、注意しましょう。そうしたところは間違いなく闇金になります。それはさておくとしても重要なのは審査に通るのかどうかです。

自分の収入、そして既に余所からでも借金をしているのかどうか、ということが重要なポイントになりますから、覚えておくと良いでしょう。それが審査の要素になります。