初めて利用して助けられました。

主婦のパートの身である私です。子供のダブル入学があり、今月ついに夫の給与と自分のパート収入では生活が困難になりました。

45歳にもなり、実家にお金を貸してほしいとは言いたくなかった。

そこで、夫には相談をして一時的に消費者金融を利用しないか?と。

その前にプロミスや大手数社で行われている無利息期間のサービスについて…私なりに少々知識をつけてから夫に話をしました。

どうしても、今月だけは厳しい・・・貯めていたお金に手を付ける事も躊躇する・・・

でも実家等からの借り入れはしたくなかった・・・

ほんの少しのお金があれば、今月家族の食費になるのです。

そのほんの少しを借り入れしました。利用先は「プロミス」でした。

30日位無利息期間がありましたから、30日で必ず返済する事を、夫と約束して協力しあって何とか目標通り返済を完了する事が出来ました。

ほんの3万円というお金でしたが、借入が出来た事で気持ちが楽になりました。お財布にお金が入っていない事の不安よりも、無利息で借入する事が出来るのであれば、その期間内に返済をする事も目標に生活する方が張り合いがあるのだと分かりました。全く金利が発生する事無く利用出来たので、消費者金融のイメージも良くなった。そんな経験でした。

アイフルで初めてのキャッシング

3年前の話になりますが、色々あって生活費に困ったことがありました。そこでお世話になったキャッシング先が「アイフル」でした。「アイフル」を選んだ理由は、次の3点にまとめられます。1点目は、はじめてのキャッシングだったので、一定の期間利息ゼロでキャッシングすることができたことです。

キャッシングで気になるのは利息がいくらかかるかという人は多いのではないでしょうか。その点「アイフル」のサービスは素晴らしいなと思いました。2点目は、「アイフル」のネームバリューが魅力的だったことです。ネームバリューがあることに、一定の安心感を覚えました。

やっぱりキャッシングには安心感も大切ですよね。3点目は、迅速かつ簡便な手続きで済む点です。インターネットなどを通じ最短30分で審査が済む点などは、まさにその象徴で、煩わしさを感じないのがとても良かったです。以上のような点から、「アイフル」からキャッシングができて、本当に良かったなと思っています。

初めてのキャッシングには、様々な不安がつきまとうかと思います。私の場合は「アイフル」が不安を全て吹き飛ばしてくれました。「アイフル」には感謝しています。ありがとう「アイフル」。

総量規制対象外の商品について

お金の問題でも借金やキャッシングなどのものは色々と専門的な事柄や言葉が多くで、初めての借入をする人はちょっとだけ戸惑ってしまうことがあります。特に初心者がまず聞いたことがない言葉としては総量規制というものがありますが、これは貸金業法の改正が行われた際に借り過ぎによる借金トラブルを防ぐ目的で作られました。主な内容としては年収の1/3以上の貸し付けを原則として禁止するという点と、一定以上の借入の申し込みの際には収入証明の提出が必要となるという点です。

さてこの総量規制という制度は基本的なキャッシングのサービスに適応されるのですが、これにはいくつかの例外があるのでこれを知っておくと、より多くのお金が必要となったときに便利なので簡単に紹介していきたいと思います。まず総量規制対象外となるものには銀行ローンがあります。実は銀行は貸金業に当たらないものなので、そもそも総量規制の範囲外となっているのが特徴であり、それ故に高額のローンを希望している人にはおすすめのサービスとなっています。

また各種の消費者金融でもおまとめローンという目的だと総量規制の対象外となることがあります。金利の面では銀行ローンが圧倒的に有利なのですが、一方で審査の基準の優しさという面では消費者金融のおまとめローンの方がいいので一長一短と言えるでしょう。そのほかにも総量規制対象外となるものには、住宅ローンや自動車ローン、高額医療費や不動産担保などもあるので、覚えておいて損はないと思います。

日雇いでも借りる事は可能か

キャッシング検討者の方によっては、アルバイトとして働いています。ただアルバイトといっても色々な職種があるもので、中には単発型のアルバイトをしている方も見られるのです。いわゆる日雇いのお仕事をしている方も、たまにキャッシングを検討しているのです。

ところで日雇いのアルバイトの方々は、たまに審査に関して不安を覚えています。正社員とは違う働き方になるので、審査に通るか否かが不安だと思っている事例もある訳です。

しかし日雇いでも、実際には問題無いと考えて良いでしょう。肝心なのは、その日雇いの会社の仕事の安定状況です。毎日のように仕事が供給されるアルバイト先ならば、たいていは審査に通ります。逆に仕事の供給が少々不安定な時には、審査では少々厳しくなる事もあるのです。ですので勤務先の状況次第と言えるでしょう。

また日雇いに限らず言える事ですが、勤続年数の長さなども借りれるか否かに関わってきます。勤めている長さが短い時には、少々難しい事が多いですね。逆にかなり長く日雇いで勤めている方の場合は、比較的高い確率で借りれる傾向があります。

現在のキャッシングは即日でお金を借りられる

以前までの日本のキャッシング文化というものはあまり業者を信頼することができず審査時間というものも結構長くかかっていましたが、最近ではキャッシングサービスがとても品質が良くなっており、業者も少しでも品質の高いサービスを提供するようになってきましたので、キャッシング業者は非常にお客様のためを思ってサービスを高めています。

審査の時間も非常に短くなっていて、以前のように長い時間待たされることをなく即日で審査を終えることができます。信用情報がデータ上で管理されていますので、業者もすぐにお客様の信用情報を閲覧することができますので審査時間がとても短くなっているのです。

最近ではインターネットで簡単にキャッシングの申し込み行うことができますので、ほとんど手間がかかることがなく収入証明書などの書類も多くの金を借りなければ必要となることありません。本当に自宅で簡単にパソコンで申し込みができることから、現在では多くの人たちがキャッシングを利用している形となっています。これから初めて申し込み行う方にとってもとても簡単に申し込みができますので、それほど心配することなく審査を受けてほしいと考えています。

基本的に信用情報に傷が付いていなければ、一定の所得があれば審査に落ちることはあまりありませんので、キャッシングカードを1枚もつことで幸せな生活を送ってもらいたいと思っています。キャッシングは非常に便利なものなので利用してみるととてもメリットが高いと感じると思います。

カードローンを利用した後はカードは解約すべきか?

カードローンなどを利用するときにカードを作ると思いますが、この作ったカードは利用後はどうしたら良いのでしょうか?2つ選択肢があります。引き続き所有しておく。解約してしまう。という2つの選択肢がありますが、基本的に今後も使う予定があるならば持っていた方が良いでしょう。

使う可能性があるのに、解約してしまうと、いざというときにまたカードを作らないといけないので面倒です。ただ、今後利用する可能性が限りなく少ないという場合はどうでしょうか?これは解約した方が良いのでしょうか?この場合でも、カードを所持していることで、お金がとられるとか、そういうデメリットがあれば解約した方が良いでしょう。

でも、そういう費用は基本的には発生しません。だから、持っているだけでお金がかかるなどのデメリットがないならば、解約する理由もほとんど存在しないことになるはずです。唯一の懸念点とすれば、カードがあると、お金が借りやすい状況にあるので、浪費をしてしまいやすいとか、そういうことがないとは言えません。だから、そういう心配はあるものの、自制ができるような人であれば、あえて持っているカードを解約しないといけない理由はないということになります。

おまとめローンを組むメリットや利点

複数の業者から借り入れを行う人にとって、ぜひ検討したい存在といえば債務を一つにまとめられるおまとめローンです。

二社以上から融資を抱えていると、金利や返済日や毎月の返済ペースなどがそれぞれ異なるので借金の返済管理が難しくなってしまったり、自分の抱える債務の総額が把握しづらくなり、借金への精神的ストレスや心理的負担が増しがちですが、おまとめローンを組めば月にたった一度のみの返済で借金を解消できたり、利息や返済期日も一定になるので非常に安心です。

また、おまとめローンの最大の利点といえば、いくつもの業者から少額ずつ借り入れをする場合と違い、大口で一社から借入をすれば、低金利での融資を叶えやすくなる点です。

金利が高い業者から金利が低い業者へと借り換えを行う事により、利息の負担を減らせるので、今と変わらない返済ペースでも完済を早めることが出来たり、返済総額を減らせたりします。

また、現状借金の返済が非常にしんどいという方でも、おまとめローンを組めば自分の借金総額や返済プランなどが分かりやすくなるので、借金の完済への見通しが立てやすくなります。

債務整理に頼らなくても、毎月の返済の金額やペースを落とせるようになったりもしますし、おまとめローンはキャッシングの負担軽減のためには非常に効果的な方法です。

一つの業者のみとの付き合いになるので、心理的にも楽になります。

即日融資してくれました

不景気な現在では、お金に困っている人も決して少なくはありません。生活していくのにギリギリの人もたくさんいると思います。そんな中、消費者金融でお金を借り入れすることを考えている人もいるはずです。私もその一人でした。

少し前になりますが、私は消費者金融でお金を貸してもらいました。その当時はとにかくお金がなかったために、毎日生活していくのが大変でした。そんなこともあり、私は消費者金融でお金を借りるしかなくなりました。しかも、その当時はいろいろな支払いを滞納していたこともあり、即日融資してくれる消費者金融でないと、かなり厳しかったのです。

私はそのために即日融資をしてくれる有名な消費者金融でお金を借りることになりました。簡単な審査がありましたが、申し込んだその日のうちに、即日融資してもらうことができました。

私はその即日融資をしてもらったことにより、滞納していた支払金を払うことができました。やはり困ったときには、即日でお金を借りれるのは助かります。

増額申し込みを失敗しないために

初めてキャッシングを申し込むときには、借りられる限度額は低めに設定されていることが多いです。でも、もっと借りられると便利だなとか、ちょっと大きな買物をしたいというときには、限度額を上げる申し込みをすることもできます。

でも、キャッシングを始めてからすぐに限度額を上げようと思ってもうまくは行きません。なぜなら、借りる側と貸す側の信頼関係が出来ていないからです。きちんと返せるということを貸す側に見せる必要があります。どうやって見せるのかと言うと、地道にコツコツと返済を続けることで信頼を得ることができます。

遠回りのようですが、これが1番の近道です。半年以上延滞をせずに、返済を続けることで信頼されていきます。

たった1度でも、返済が遅れるようなことがあると、信用情報に傷がつくことにもなるので気をつけましょう。

長く利用していることも増額がしやすくなるポイントです。

また、他社でもキャッシングをしている場合は増額をしてもらえないこともあります。他社への返済で延滞などがあるのも、断られる理由になってしまうので気をつけましょう。

他からも借りていない、返済も滞っていないなら限度額が増額になる可能性は高いです。

申し込みは、電話やネットでできるので申し込んで見ましょう。

キャッシングを申し込む前に自己チェックできること

キャッシングを利用する際に必ず受けなければいけないのは審査です。審査はキャッシング会社が申し込んできた本人がきちんと返済能力があるかどうかを判断するためのものです。審査は受けてみないとわからないところもありますが、申し込む前に自己チェックできれば審査に通るかどうかということを無駄に心配する必要はなくなります。では、どんな点を自己チェックできるでしょうか。今日はその点について記したいと思います。

まず、最初にチェックするのは返済計画です。申し込む前にどれだけの毎月返済しなければいけないのか、さらに金利はいくら負担する必要があるのかを確認しておく必要があります。では、どうすればしっかりとしたプランを立てることができるのでしょうか。一番良い方法はキャッシング業者のサイトにある計算シュミレーションを使うことです。現在では大手のキャッシング業者であれば、自社のサイトに返済額を計算できるシュミレーションを用意しています。ぜひ、それを活用することで毎月の負担額をイメージできるのです。

次に自己チェックしたいのは、これまで消費者金融を利用してきた履歴です。もし今まで何度か利用したことがあるならば、その際に支払いが遅れたりしなかったかということを調べておく必要があります。なぜこれはそれほど重要でしょうか。それはキャッシング会社は審査の際に信用情報機関に問い合わせて、申し込んだ本人がこれまで消費者金融を利用してきた履歴をチェックするからです。もし、支払いが遅れたことがあったりすると審査を通過するのがかなり厳しくなります。